2ヶ月ヴェネツィアに留学してみて思った、良かったこと・悪かったこと

 2016/11/09

 2,957

大学のサポートがましな気がする

手続きが楽

留学するにあたっての手続きの煩雑さ・思い通りに進まない感は誰もが感じるものなんだろうと思いますが、少なくとも私は、他の大学の話を聞く限り、ヴェネツィア大学の手続きは簡単なほうだと感じました。

universita-ca-foscari-venezia

ヴェネツィア大学の外観

入学許可証の申請や、授業の登録などやらなければならないことをメールで教えてくれたりリマインダーを送ってくれたりと、イタリアの大学なのに!と思うほど丁寧な時は多かったです。

バディー制度がある

また、現地ではバディー制度を利用すればpermesso di soggiorno(滞在許可証)などの面倒くさい手続きも、バディーのイタリア人が一緒にやってくれるので安心です。

しかも日本人ならたぶん日本語を勉強している(話せる)イタリア人がついてくれるので、イタリアの横柄な役人たちを相手にするのにとても心強いと思います。ただ、ヴェネツィア大学は日本で行う留学手続きの開始時期や締め切りの時期がほかの大学よりも早いので注意が必要でした。

関連記事

トリノで過ごした2ヶ月の大学生活と、日常を振り返る
トリノでの留学を考えてみる 私は9月から北イタリアにあるピエモンテ州トリノに留学しています。 留学を考えている学生さんの中には、...

英語の授業も充実

ヴェネツィアには、いわゆるイタリア人が通うヴェネツィア大学とVenice International University(VIU)という留学生向けの学校の2つがあります。

bdc461eaf996b173ad0fb6c6f846ce76_xl

このVIUの授業は英語で開講されているのでイタリア語が全くできなくても大丈夫で、ヴェネツィア大学Ca' Foscari に留学している人なら授業をとることができます。

イタリア語の授業ももちろんこのVIUでもとることができるのでイタリア語を全く知らない状態で留学に来ても大丈夫です。

治安がいい

ヴェネツィアは観光客が夜遅くまで町に大勢いたり、自動車や自転車の街中での使用が禁止されていたりと、治安を悪くさせる方々には不都合な街なのか、治安はいいです。

また物乞いの人々や、明らかに違法な偽物バッグなんかを売っている人の数も他の都市よりも少ないと思います。ただしスリなどはちゃんといますので、この治安の良さにボーっとしているとやられるので常に警戒しておくことは大切です。

【次ページ】ヴェネツィアの悪いところ

1 2 3


-