Dolce[ドルチェ] Gusto [味わう]

イタリアでデザートを食べなきゃ損!味わうべきおすすめドルチェ15種類を徹底解説

投稿日:

イタリアで美味しいドルチェを食べませんか?

美食の国イタリアでは、パスタやピザだけではなく、と~っても美味しいドルチェ(甘いデザート)本当に美味しい。皆さんが知っているものから、これから日本に進出してくるかもしれないドルチェまで、皆さんに紹介していきたいと思います!

イタリアを代表するドルチェ15選

1.ティラミス

tiramis

最初に紹介するのはティラミス(Tiramisu)です。日本で最も有名なイタリアのドルチェであることは間違いないでしょう。コーヒーに浸したクッキーやビスケットの上にマスカルポーネをのせ、最後にココアをかければ完成です。

ちなみにティラミスとは、Tira-mi-suと分けることができ、「私を元気にして」という意味があります!食べるとそれだけ元気になれるものだったんですね!

店それぞれにちょっとずつ味が違い、どのお店にいっても必ず一人は注文して、みんなで味を確かめていました。値段もリーズナブルなので、本場で食べてほしいデザート第1位としてオススメします!

2.パンナコッタ

panna-cotta-w-strawberry-sauce-770x628_5314

2つ目に紹介するのは、パンナコッタ(Panna Cotta)です。こちらもイタリア語で、Pannaは生クリーム、Cottaは熱したという意味です。牛乳と生クリームを混ぜてつくった、ひんやり、ぷるんとしたプリン状のドルチェなのですが、それだけでなく、チョコソースやストロベリーソースをかけて食べると、本当に本当に美味しいです!

日本ではあまり知名度が高くない分、より皆さんに紹介しておきたい!ちなみに作るのはティラミスよりも全然簡単なので、近日中にレシピも紹介できたらなと思います。

3.ジェラート

SONY DSC

3つ目に紹介するのは、ジェラート(Gelato)です。こちらも超有名なイタリアの食べ物。イタリアにきたらジェラートを食べながら街歩きするのは一種の憧れかもしれません。イタリア語で「凍った」という意味のこのお菓子は、イタリア中部のフィレンツェ発祥。

一般的なアイスクリームと比べて空気が含まれる量が少ないので、密度が濃くなり、自然と味にコクも出てきます。個人的には普通のアイスよりダントツでおいしい!日本で慣れ親しんでいるストロベリーなどだけではなく、ピスタチオやブラッドオレンジなど、是非試してほしいフレーバーもたくさん。

4.カンノーリ

カンノーリ(Cannoli)は複数形で、単数だとCannoloと呼ばれますが、呼称的には前者が圧倒的によく聞きます。シチリアを代表するお菓子。

小麦粉ベースの生地を揚げて筒状にした中に、リコッタチーズやバニラをたっぷりと入れます。そしてカンノーリの口の部分にはピスタチオやチョコレートなどがこちらもたっぷりとふりかけられています!また、中にはシチリア名産のマルサラワインがクリームの中に混ぜられていることも。とにかく甘くて甘くてとっても美味しいのです!

5.グラニータ

シチリアで最も手軽に食べられるドルチェであるグラニータ(Granita)。フルーツ風味のシャーベットになっていて、日本で言えばかき氷のように、シチリアの夏の風物詩です。今日ではシチリアだけでなくイタリア全土で愛されるドルチェになりましたが、それでもシチリアのお店で食べるグラニータは、他の地域とは圧倒的にレベルが違います。

オススメの味はレモンやぺスカ(ピーチ)やマンドルラ(アーモンド)なので、是非イタリア全土、特にシチリアで味わってみてくださいね。

【次ページ】フルーツたっぷりのマチェドニアにクリスマスのパネットーネ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Dolce[ドルチェ], Gusto [味わう]
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.