Birra[ビール] Gusto [味わう]

ワインだけじゃない!イタリアの美味しいビール3銘柄!

投稿日:2017-06-14 更新日:

ビールも負けてない!

イタリアのお酒といえば、やっぱりワインと答える人が多いでしょう。ですが、実はイタリアのビールも美味しいんです。

むしろ、熱々のピッツァとビールの相性は抜群!今回はイタリアで有名なビール3銘柄をご紹介します!

モレッティ(Moretti)

1859年に創業されたイタリアでは最も古い歴史のあるビールメーカーの一つです。
オーストリア帝国の影響を強く受けている、フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州ウーディネで生まれました。
トレードマークは「帽子を被った髭の老紳士」で、スーパーでも見つけやすい一品です。

現在モレッティは世界40ヶ国以上に輸出されており、もちろん日本でも購入できます。
2006年、ビール業界では最も重要と言われるワールド・ビール・カップにて、
イタリアのビールメーカーとしては唯一、金・銀メダル両方を獲得しています。

ちなみに、トレードマークの老紳士はモレッティ創業者…ではありません。
1942年当時の社長であったラオ・モレッティがウーディネで見かけた男性がモデルです。
ラオが考えるモレッティのクラシックで正統派な雰囲気にぴったりだと直感したラオは、男性に写真撮影を頼み込んだとのこと。
今となってはすっかりモレッティの顔となっています。

ナストロ・アズーロ(Nastro Azzuro)

イタリア語で「青いリボン」という名前を冠した、ペローニ社のビールです。
ペローニ社は、1846年にロンバルディア州ヴィジェーヴァノにてフランチェスコ・ペローニが創業しました。

緑のビンが目印

ナストロ・アズーロは1965年に発売されました。
1933年に、最も速く航海できた大洋航海船に与えられるブルーリボン賞を、イタリアの豪華客船レックス号が獲得したことにちなんで命名されました。

ペローニ社は他にもいくつかのビールを販売しています。
社名と同じペローニ(Peroni)は創業当時の伝統を守ったラガービールで、やや苦いのが特徴です。またやや高級なペローニ・ロッサ(Peroni Rossa)はウィーン風のラガービールで、より濃厚な味わいを楽しむことができます。

メナブレア(Menabrea)

1846年に北イタリアのピエモンテ州ビエッラにて創業したメーカーです。
1924年にはブリュッセルで行われた初のビール国際大会で、金賞を受賞しています。品質保護のために大量生産はしないというこだわりの下で、限定された輸入業者のみに販売しています。

中でも有名なのは「メナブレア1846 エクスポート・ラガー・ビール」です。
色は明るい麦藁色で、ほのかにバニラの香りを持つフルーティなビール。
「エクスポート・ビール」は13世紀頃に、日持ちするビールとして開発されました。
ワイン同様、ビールも温度変化で品質が悪化するため、輸出に耐えられるように強化されたものがこのように呼ばれるそうです。

メナブレア社の銘柄

メナブレア社には、他の銘柄もあります。
琥珀色を帯びた色、程よい苦みとコクのあるアンバー・ビール。黄金色でアルコール度数の高めなストロング・ビール。日本でも購入することが出来ます。

終わりに

いかがでしたでしょうか。ワインに負けず、ビールもイタリアが誇る美味しいお酒なのです。イタリアに来たときには是非、ビールも味わってみてはいかかでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

編集者R

2015年9月に初めてイタリアへ。その後フィレンツェに留学し、近所のレストランのおじさんと仲良くなりながら、古都での生活を謳歌する。
好きな都市はフィレンツェとジェノヴァ。

-Birra[ビール], Gusto [味わう]
-, , , , , ,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.