イタリアの島ビール!コーンを使ったイクヌーザビールと塩の結晶入りメッシーナビール

イタリアの島ビール!コーンを使ったイクヌーザビールと塩の結晶入りメッシーナビール

Kanba

イタリアの海沿いの小さな町に住んでいます。イタリアの大学を卒業後、日本の企業のために働いています。天気が良い週末は砂浜で筋トレしたり、庭でオーガニック野菜を作ったりしています。主に穀物・野菜・果物・ナッツ類を食べて暮らしています。

歴史あるイクヌーザビールとメッシーナビール

イタリアといえば、ワインがすぐに頭に浮かびますが、もちろんビールもよく飲まれています。特にピザのお供はビール、ということが多いようです。

イタリア各地でも様々なタイプの地ビールなどが製造されていますが、ここではイタリアの島ビールとして、サルデーニャ島のイクヌーザ(Ichnusa)ビールとシチリア島のメッシーナ(Messina)ビールを取り上げてみます。

両方とも歴史あるビールでイクヌーザビールは1912年、メッシーナビールは1923年から製造されており、イタリアでは馴染みの島ビールです。

それでは、イクヌーザビール、メッシーナビールの順でイタリアの島ビールを見てみます。なお、各ビールに関しては、それぞれの公式サイト(イクヌーザビール、メッシーナビール)の情報をもとにしています。

サルデーニャ島のイクヌーザビール

サルデーニャ島のイクヌーザビールは、2022年には110周年(1912年創業)を迎えることになるとても古くから親しまれているビールです。サルデーニャ島で作られているビールの中で最も有名なビールと言えるのではないでしょうか。

イクヌーザビールは、何よりもサルデーニャ島で製造されていることを前面に押し出しています。イクヌーザというビール名からして、サルデーニャ島の古代の呼び名を使用しており、また、ビールのラベルには、サルデーニャ州旗のデザインを採用しています。

また、公式サイトもサルデーニャ島で製造されていることを強調する作りになっています。ビール工場は、サルデーニャ島の州都カリアリの都市アッセーミニにあります。

もっともオーソドックスなイクヌーザビール(ICHNUSA)の原材料は、麦芽、ホップ、コーンで、アルコール度数は4.7%です。コーンが利用されていることが特徴で、苦味がそれ程残ることもなく飲みやすいビールだと思います。

オーソドックスなイクヌーザビール 公式サイト

イクヌーザビールは、イタリア各地の少し大きなスーパーマーケットなら販売されているようなメジャーな島ビールですので、イタリアを訪れた際にはぜひ手に取って味わってみてください。

ちなみに、家の近くのスーパーマーケットでは、イクヌーザビール(330ml)が0.79ユーロ(約100円)で売られていました。日本に比べてイタリアは、ビールが安いです。

イタリア生まれの美味しいビールたち!
ワインだけじゃない!日本でも飲めるイタリアの美味しいビール7銘柄

続きを見る

パスタは神聖な料理?イタリアで現地人と住んで分かった、パスタのこと

続きを見る

シチリア島のメッシーナビール

シチリア島のメッシーナビールのほうも、もうすぐ創業100年(1923年創業)を迎える歴史あるビールです。メッシーナビールは、シチリア島の北東部に位置するメッシーナで誕生したビールですが、もともとはトリナクリア(Trinacria)ビールと呼ばれていました。トリナクリアは、顔から3本の足が出ているシチリア島のシンボルです。

当初、このシチリア島の象徴がビールの呼び名に使われていたようですが、後に実際にビール製造を行う場であるメッシーナの名前が採用されたということです。

ただその後、メッシーナのビール工場だけでは製造が追いつかず、1999年に生産のメインは、プーリア州のマッサフラの工場に移されました。

そして、2007年には、メッシーナの工場は一時閉鎖されました。その後、紆余曲折を経て、2019年にメッシーナビールの新たなラインナップとしてメッシーナビール クリスタル・ソルト(Birra Messina Cristalli di Sale)が誕生し、この製品は、マッサフラ工場とメッシーナ工場の共同で作られることになったということです。

メッシーナビール クリスタル・ソルト 公式サイト

メッシーナビール クリスタル・ソルトが発表されたことで、シチリア島にまたメッシーナビールが戻ってくることになりましたが、このクリスタル・ソルトというビールは、名前通りシチリア島産の塩の結晶が入っています。実際にビール瓶の底を覗くと、塩の結晶が入っているのが分かります。

塩の結晶が少量入っていることによって、柔らかく丸みのある味になっているかと思います。メッシーナビール クリスタル・ソルトは、イタリアの大きなスーパーマーケットで入手できますので、イタリアに来た際に塩の結晶が入っているのを確認しながら楽しみでみるのも良いかと思います。

なお、メッシーナビール クリスタル・ソルト(330ml / アルコール度数5%)は、スーパーマーケットで1.09ユーロ(約140円)で売られていました。

さいごに

イタリアの島ビールとして、サルデーニャ島のイクヌーザビールとシチリア島のメッセ―ナビールを見てみました。両方とも伝統あるビールですが、現在は、ハイネケングループの傘下に入っています。ハイネケン・イタリアが運営、管理などを行っていますが、今後も古くから親しまれてきた島ビールとしてのそれぞれの特徴を活かし、伝えていってほしいと思います。

また、イタリアを訪問される際には、ピザのお供として是非イタリアの島ビールも楽しんでみてください。

モレッティのビールを日本で!
イタリア・ビールの代表!モレッティの4種類のフレーバーを飲み比べ&採点してみた

続きを見る

やっぱりワインも飲みたいあなたには...
ワインの基本を知ろう!魅力あふれるイタリアワインの"いろは"

続きを見る

参照

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kanba

イタリアの海沿いの小さな町に住んでいます。イタリアの大学を卒業後、日本の企業のために働いています。天気が良い週末は砂浜で筋トレしたり、庭でオーガニック野菜を作ったりしています。主に穀物・野菜・果物・ナッツ類を食べて暮らしています。

-グルメ
-, , ,