留学 長期滞在

【体験談】イタリア人と住むホームステイをして良かったと思う5つの理由

投稿日:2017-04-04 更新日:

ホームステイはイタリアでしよう

一人暮らしや寮生活と違うのが、完全に誰かの家に長期間お邪魔して、一緒に生活を共にするということです。各地の留学生や学生が集まるルームシェアのような生活ともまた少し違います。

言ってみれば、日本で実家暮らしをしているのと同じなわけです。そんな中で感じたことを綴っていきます。

1.真のイタリアを体験できる

これは間違いなく最大のメリットです。まだまだ知った気になっているだけ、なのかもしれませんが、ここで生活しているだけでイタリア人によるイタリア人の生活を、その一員として体験することができるわけです。一人暮らしや寮生活とは違う独特の生活があるように感じます。そこで生活しているだけで文化体験になる、というのは1年という限られた期間の中での留学において大きなメリットとなるはずです。

ホームステイしているだけで、イタリア人の生活スタイルが見えてきます。これほど簡単な文化体験はありません。朝は何を食べて、どのくらいの頻度でシャワーを浴びるのか、昼は掃除をどのくらい熱心にやるのか、夕食はは何時くらいから作り始めるのか、お買い物はどのくらい行くのか、親戚との関係性はどうなのか、どんな問題に悩んでいるのか...本当にキリがありません。

2.会話の機会が生まれる

単純に1人暮らしが寂しいというのもあります。私は日本に住んでいる間は実家暮らしだったので、異国かつ1人暮らしという環境に耐えられないと考え、ホームステイを中心に部屋探しをしました。その結果、寂しさを感じることなく、いつでも話す機会がたくさんです。

朝はニュースを見ながらおばあちゃんと話をする、昼は3人で机を囲んで大学のことや次の旅行、今日の買い物で安かった5Lのワインの話、夜は息子夫婦がやってきて5人で最近の近況を話し、日本のことについて聞かれたり...

1人ではきっと得られなかったであろう会話のチャンスを得ているのは非常に幸運なことです。

関連記事

【ホームステイ】忙しすぎ!73歳シチリア出身・イタリアのマンマの1日

続きを見る

3.マンマの絶品料理

イタリア人のマンマが作るイタリア料理を食べることができます。パスタを例に取れば、麺の種類からソースまで、とても自分では手を出さないようなものから調理法まで、様々なものを知ることができます。

セコンドも、鶏肉のグリルや絶品ソーセージ、ミラノ風カツレツ...などホームステイしていなければこんなにイタリア料理を食べていなかっただろうと思います。そこに関しては、他のどの住居よりも秀でた面が食事付のホームステイにはあると言えるでしょう。

4.お買い物にも付き添う

おじいちゃんおばあちゃんたちの買い物に付き添うことも多いです。やはり2人とも高齢ですので、助けが必要なこともしばしば。一緒にスーパーに行くと、どんな品物を買おうとしていたり、どれがいい商品なのかが分かります。例えばオリーブオイルなど、私にはどれが良いか見当がつかないようなものは、いつも一緒に購入しています。

また、スーパーごとの特徴も分かりますよね!例えば「ここは水曜はシニア割引がある」「ここは安いけど質が悪いものが多い」「ここはセールが多いので、使いやすい」などなど、ただ私が1人で生活しているだけでは見えてこないものまで見えます。

魚の買い方、パンの買い方まで、違う面が見えると非常に面白いです。

関連記事

【体験談】イタリア人と住むホームステイをして良かったと思う5つの理由

続きを見る

5.親戚の繋がりが深い

イタリアの家族のもう一つの特徴といえば、親戚同士の結びつきが強いことです。

家族構成を話しておくと、2人暮らしの老夫婦には、なんと5人の子どもがいます!そして彼らの夫や妻、さらには孫がまたたくさんいます。彼らは定期的に実家である我が家を訪れに来るため、様々な人と交流することができます。

イベント盛りだくさん

イタリアの家族は、多くの場合日曜日はおばあちゃんやおじいちゃんの家でお昼を食べて過ごすため、必然的に日曜日になると親戚たちが集まります。

また、その週が誰かの誕生日だったりするとそれはもう大変で、昼も夜も豪華な料理の準備に追われるマンマを尻目に、10数人も親戚がやってきます。これだけの親戚が一つ屋根の下に集まってみんなでご飯を食べる...。最近の日本ではあまりない良い文化です。

ちなみに、クリスマスやイースターなども大変なことになるので、その辺りの話はまた別記事で取り上げたいと思っています。

孫と仲良くなる

私の場合、孫のうち3.4人が同年代にあたり、よく一緒に遊びにでかけます。そして、彼らの友達、その友達の友達...という風に、とにかく友達をつくることが簡単です。一緒にトレンティーノやヴェローナに旅行に行ったり、誕生日をバーで祝い、公園でショットを飲みながら朝を迎えたり。友人の1人がイタリアの軍隊に入隊したことをお祝いしたり...。お正月もBBQをしながらホームパーティー!

ローマでの生活を始めてから、「暇だな」と思ったことはありません。むしろもう少し暇が欲しいです。

関連記事

【ホームステイ】73歳のマンマが、10人の子どもと孫を育てるために犠牲にした5つのこと

続きを見る

機会があるなら逃すな!

もちろん、家庭ごとに様々な事情があったりと、全ての家庭が私のステイ先のようではないとは思います。ですが、そこで生活をした私にとって、もはや一人暮らしをしている自分が全く想像できないほど、生活はまるで違うものになっているのではないかと感じることが多いのです。

もしあなたにホームステイをする機会があるのなら、是非そのチャンスを逃さずにトライしてみてほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

ゆうさん

『BUONO!ITALIA』代表をしています。 1年間ローマ大学に留学し、シチリア出身マンマが統べる大家族にてホームステイ。卒論では、『1980年代以降のイタリア中小企業論』について考えました。社会人1年目。サイトSNSはこちら↓より。

-留学, 長期滞在
-,

Copyright© BUONO! ITALIA , 2019 All Rights Reserved.