子供から大人まで甘いおやつが大好きなイタリア人

子供から大人まで甘いおやつが大好きなイタリア人

mina

学生時代のイタリア旅行を機に、イタリアの虜に。食べること、飲むこと、自然が大好き。なにより明るいイタリア人が大好きです。独学でイタリア語を学び、フィレンツェへ短期語学留学。現在も子育てしながらイタリア語学習継続中。

美食の国で知られるイタリア。もちろんおやつも美味しいものばかり!日本でおやつと聞くと子供が食べるものというイメージが強いと思いますが、イタリアでは大人も楽しむ大切な時間です。

今回は『イタリアのおやつ』についてご紹介します。

1日2回?!

日本では『おやつ=3時』というイメージがありますが、イタリアでは違います。1日2回あります!  イタリアでおやつの時間というと11時16時。(大体10時過ぎ~11時半と16時~17時がおやつの時間と認識している人が多いです。)これはイタリアの食文化と大きく関係しています。

朝ごはん

ホームステイ経験のある人は必ずと言って驚くこと。それはイタリア人の朝ごはん。1日の始まりである朝ごはんは、日本だとエネルギーを蓄える為お腹に溜まるようなものを食べます。

【ホームステイ】忙しすぎ!73歳シチリア出身・イタリアのマンマの1日

続きを見る

例えば、ご飯、みそ汁、納豆、焼き魚のような感じですがイタリアでは真逆。お腹に溜まるものを食べないという言い方の方が合っているかもしれません。お決まりの濃いコーヒークロワッサンヨーグルトが多いでしょうか。私もホームステイ先で出された朝ごはんにとても驚き『え?これだけ?』と思ってしまいました。もっと軽い朝ごはんだと、ビスケットフェッテ・ビスコッターテというラスクも人気です。

イタリア流だと、ビスケットをコーヒーにつけて食べます。とても軽い朝ごはんなので、お昼ご飯前におやつ(軽食)を食べる人が多いです。

コーヒー休憩?!

これも日本とは大きく違う点の『仕事の休憩時間』。出社して2時間くらいでコーヒーを飲みに出る人が多く、そのタイミングでバールで何かつまむ人が多いです。

それが1回目のおやつタイム。学生や仕事をしていない人でもこのくらいの時間で軽食を取る人が多く、バールが賑わっている光景を見かけます。その後、夕方16時過ぎにコーヒー休憩があり2回目のおやつタイムイタリアではコーヒー休憩は当たり前の習慣で、1日5,6杯飲む人が多いです。バールで注文してさっと飲んで仕事に戻るのがイタリア流です。

いいことあるかも!イタリアのバールでコーヒーを楽しむ時に、覚えておきたい5つのこと

続きを見る

バールに行ったら何を頼む?イタリアの定番コーヒードリンク10種類

続きを見る

人気のおやつ

それでは、イタリアで人気のおやつをご紹介します!どれも美味しそうなのばかりです!!

コルネット

イタリア語でコルネットはクロワッサンのことです。どこのバールでも必ず置いてあるコルネットは大人気のおやつです。中にジャムやクリーム、ヌテッラ(Nutella)というチョコクリームが入ったものなど味の種類が多いです。

朝は何も入っていないシンプルなコルネット、おやつにジャム入りのコルネットを食べる人もいるくらい、イタリアではとても愛されている食べ物です。毎朝食べる人も多いので、スーパーでは1つずつ個包装で10個入などの大袋で売っています。

ジェラート

イタリアと言えばジェラートというイメージがある人も多いのではないでしょうか?フィレンツェ発祥と言われるジェラートは子供から大人まで愛されています。ジェラートを売るジェラテリアはとても多く、どこで買うか悩んでしまいます。

トリノの名店!
観光・買い物の合間に!トリノの厳選ジェラート店を4つ紹介します

続きを見る

食べ歩いている人も多く誘惑されるおやつ間違いないし!

チャンベッローネ

引用:ローマ通信

こちらは大きいドーナツという意味のチャンベッローネ。よくバールで見かけるトスカーナ州発祥の人気おやつ。ドーナツというより大きいパウンドケーキのようなチャンベッローネは、オーダーすると店員さんが食べやすいように切り分けてくれます。レーズンやオレンジの皮が入っていて飽きずに食べられます。牛乳やコーヒーにつけて食べる人が多いです。

カンノーロ

引用:成功する留学

このお菓子はシチリア名物ですが、ローマのバールで食べられます。小麦粉で作った生地でリコッタチーズを包んだお菓子です。砂糖漬けのフルーツも入っているものもあり、見た目もかわいいです。クリームではなくリコッタチーズなので見た目より重くなく食べられます。

マリトッツォ

引用:SCATTI DI GUSTO

最近日本でも人気になりつつあるマリトッツォ。ご存知ですか?見た目のインパクト大!!パンの名前がマリトッツォと言い、軽い口当たりの生クリームをたっぷり挟みます。このたっぷりのクリームが濃いエスプレッソと合うんです。こちらはローマの名物で、私が訪れたフィレンツェでは見かけませんでした。。。

詳細はこちらでも!
生クリームに溺れたい。イタリア・ローマのお菓子"マリトッツォ"の歴史

続きを見る

ローマへ行かれる方、マリトッツォを見かけたら是非食べてみてください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?日本とは違う1日の時間の流れもあり、イタリア人にとっておやつ(軽食)時間はとても大切なようです。それにしても、バールに並べられているものはどれも美味しそうなものばかり!

ご紹介したもの以外に、ケーキやタルトもたくさんあるので見ているだけでも楽しいこと間違いなし。イタリアへ行かれる方は是非おやつ時間も楽しんでください!

王道記事
イタリアでデザートを食べなきゃ損!味わうべきおすすめドルチェ15種類を徹底解説

続きを見る

絶対に食べたい!シチリア島で味わうべきデザート(ドルチェ)10個を徹底解説

続きを見る

【ホームステイ】イタリアの愛すべき「マンマ像」を5つの視点から考えてみた

続きを見る

参照

●地球の歩き方『ローマで見かけるスイーツ

●イタリア料理ほんやく三昧『チャンベッローネ

●いいやん!イタリア『定番朝ごはん

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mina

学生時代のイタリア旅行を機に、イタリアの虜に。食べること、飲むこと、自然が大好き。なにより明るいイタリア人が大好きです。独学でイタリア語を学び、フィレンツェへ短期語学留学。現在も子育てしながらイタリア語学習継続中。

-グルメ
-,