Cinema [映画] 文化

【イタリア×映画】観たらあなたも行きたくなる、ヴェネツィアが舞台の映画5選

投稿日:2016-08-23 更新日:

2.旅情

登場する観光地

ヴェネツィア運河、サンタルチア駅、サンマルコ広場、ステファーノ広場、ドッカーレ宮殿、ブラーノ島、サント・ステファーノ広場, サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会, リアルト橋

ストーリー

アメリカの地方都市で秘書をしている独身の38歳のジェーン・ハドソン(キャサリン・ヘプバーン)。

彼女は長期休暇を取り、念願であったヨーロッパ旅行の夢を実現させ、旅行の最終目的地である水の都・ヴェネツィアを訪れた。しかし、旅行に来たものの周りにはカップルばかり。彼女は空虚感から強迫観念にかられたように写真を撮り続ける。

 

ジェーンは駅から船でフィオリーニ夫人(イザ・ミランダ)が経営するペンシオーネに到着する。その後観光に出かけたヴェネツィアのサンマルコ広場で一人のイタリア人男性レナード(ロッサノ・ブラッツィ)と出会う。

その後何回か会ううちに彼女の心境に変化が...そして彼女はカメラを手放していくように...。ほろ苦い恋を描いた美しいヴェネツィアの風景と名曲「サマータイム・イン・ベニス」が心地よい名作。

【次ページ】壮絶なボートレースとアクション

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

次のページへ >

  • この記事を書いた人

編集者Y

1年間ローマに留学。マンマの家にホームステイをし、真のイタリア文化を身をもって体験。 観光学を専攻するために大学に通いつつも、大半の時間をローマっ子たちとの交流に費やす。 好きな街はタオルミーナとコモ。

-Cinema [映画], 文化
-

Copyright© BUONO! ITALIA , 2017 All Rights Reserved.